· 

デブ脳にならないために

脳と腸は密接に関連しています(『脳腸相関』という)

ですが、最近では、腸内細菌と中枢神経との関連も注目されています

 

わかりやすく言うと

悪玉菌が多いほど

『太る脳』になるということです

 

糖質や添加物のとりすぎ

ストレス などの原因によって

腸内細菌(善玉菌)の数や種類が少なくなる

つまり

腸内環境が悪くなると

「(ひたすら)なんか食べたい」「イライラしたとき甘いもの欲しい」

というような『太る脳』になりやすいです

 

*ちょっと詳しい解説*

腸内環境が良い、つまり善玉菌が多いと

腸管で神経伝達物質「セロトニン」がつくられ、

神経を通って脳に刺激がおきる⇒心の安定、リラックスできるにつながります

また、腸内環境が良いことで栄養が消化吸収しやすい状態になるので

代謝が上がり、痩せやすくもなります

 

逆に、腸内環境が悪い、つまり悪玉菌が多いと

消化不良になり、便秘や下痢などを引き起こしやすくなります

そして腸管でセロトニンがつくられなくなるので

慢性的ストレスや疲労、意欲低下、うつ症状、不安感やイライラ感の原因になります。

栄養がうまく吸収できずに、慢性的な疲労

常にイライラ→ストレスによる過食に繋がりやすくなります

 

では『太る脳』の反対、『痩せ脳』に変えるにはどうしたらよいでしょうか?

☑消化に良い食事(→消化不良からの腸内炎症を防ぐ)

☑仕事をしすぎない(→ストレスためない)

☑よく笑う(→免疫細胞活性化)

☑よく寝る(→良質な睡眠で自律神経とホルモンバランスの安定)

☑よく動く(→筋肉増やして代謝アップ、血糖コントロール、自律神経安定)

☑自炊する(→添加物避ける)

 

太りやすい体質・痩せやすい体質ってよく聞きますが

これ↑をみると

体質というのは、自分(生活習慣・食習慣)で作っているのではないでしょうか?

 

皆さんの食生活・メンタル・生活習慣はいかがでしょうか?

振り返りの参考にしていただければ幸いです

 

ytbメソッドでは

食事だけでなく体調報告も毎日いただき、

そこから細胞から健康で美しくいるためのアドバイスをいたします