水を1日2ℓ飲むことは理想的な水分補給ではない

私のフォロワー様の多くは、既に栄養学に関する知識をおもちなので

このことについてはご存知の方が多いと思いますが、今一度復習したいと思います。

 

まず、水分を1日2ℓ以上とることが健康に良いという、根拠はありません。

また、水分を1日2ℓ以上とることが健康を害するという、根拠もありません。

 

大切にしたいのは

①『水分は一番重要な、豊富に摂るべき必須栄養素である』が、

②『1日たくさんとることよりも(量)、1日どれだけこまめにとれたか(頻度)』

③『適切な供給には、【水(H2O)+○○】で”飲んで・食べる”』ということです。

 

 

①水分は豊富に摂るべき必須栄養素

 

まず、栄養が豊富に含まれる食材をとるよりも、

水分をしっかり摂ることを優先したいです。

なぜなら、人間は1週間食べなくも、なんとか生存できますが

1週間水を全く飲まない生活をすると、死んでしまいます。

さらに、健康な成人の60%を占めるのが水分です。

 

水分はご存知の通り血液をサラサラにします。

他にも色々働きはありますが、ここで特に大切にしたいのは、

消化機能を高めるために必要ということです。

なぜなら、消化液(胃酸・唾液・胆汁)の主成分は水分だからです。

*胃酸→主にタンパク質

*唾液→主に糖質

*胆汁→主に脂質

をちゃんと消化してくれる役割があります。

 

ですので、水分不足はこれらの消化液が少なくなるので

食べたものが適切に消化されず、大腸で腐敗したり、炎症が起こったり、下痢便秘の要因にもなるのです。

 

どんなに食事を改善しても体調が良くならない場合、

まず食事内容を疑う前に、水分を摂れているかを見直すと良いでしょう。

もしかすると、水分不足により消化システムが悪くなり、

栄養がうまく消化吸収されなかったためかもしれません。

 

 

②1日たくさんとることよりも(量)、1日どれだけこまめにとれたか(頻度)

私たちは生活する上で、汗・尿・便などで常に水分を失っています。

 

なので、こまめに補給することが重要なのです。

一気の飲んでも、尿として出ていくことが多いです。

 

 

③  適切な供給には、【水(H2O)+○○】で”飲んで・食べる”

水分を効率よく体内に供給するためには、水だけでは足りません。

『ミネラル』が必要です。

具体的には『マグネシウム・ナトリウム・カリウム・塩化物・カルシウム・リン』です。

 

ここでいうミネラルがあって初めて、水分(H2O)は効率よく体内(細胞内)に吸収されます。

そして、水分は飲むだけではなく『食べる』が重要です。

 

なぜなら、水を飲むことももちろん大事ですが

食べ物に含まれている水分には、その食べ物に上記ミネラルが含まれているので

効率よく細胞へ水分補給できるからです。

 

食べ物の中で豊富に水分が含まれている食材は野菜・果物ですが

果物は糖化の要因となる『果糖』が多いので野菜がベストです。

特に、上記ミネラルが豊富に含まれているのは『緑の濃い生の葉野菜』です。

 

緑の葉野菜に海塩(Nacl:ナトリウム+塩化物、Mg:マグネシウム)、油(ミネラルの吸収2~3倍上昇)の組合せはまさに理想的な水分補給といえます。

 


栄養情報はLINE公式アカウントにて定期的配信!

長々となりましたが、具体的にどんな生活を送るか?どんな食事をとるか?については

個別の食事指導がおすすめですが、現在募集を停止しております。

その代わりに、公式アカウントにて登録者様に先行的かつ詳しい情報を配信予定です。

よろしければご登録ください☺

↓↓

LINE公式アカウントはこちらをクリック